疲労回復に最適 アミノ酸8,350mgゼリー・オレは摂取す【クーポンコードあり】

ハーフマラソンからロングトレイルまで。2017年出場トレイルランニング&マラソン大会一覧(西日本)

2017年もあっという間に半分を折り返し、7月。自分自身の整理も兼ねて、2017年に出場する(出場した)レースをまとめてみました。西日本編。

誰が興味あるんだよって話だけど、久しぶり(3ヶ月ぶり!)のブログ更新は思うように手が進まないのである。

2017年・出場レース一覧

千羽海崖トレイルランニングレース 1月29日・徳島・40km

そうじゃ吉備路マラソン 2月26日・岡山・フル42km

麒麟獅子マラソン 5月28日・兵庫・ハーフ21km

山岳後山マラソン 7月9日・岡山・30km

三原・白竜湖トレイルランレース 9月17日・広島・39km

OSJ氷ノ山山系トレイルレース 10月22日・兵庫・71km

赤穂シティマラソン大会 11月12日・兵庫・ハーフ21km

熊野古道トレイルランニングレース 12月3日・三重・50km

 

2017年は8本のレースに出場予定です。

ちなみに去年2016年を振り返ってみたら、20〜30kmのショートトレイルを中心に7本のレースに出場していました。

 

今年はトレイルランばかりではなく、ハーフマラソン2本&フルマラソン1本にも出場。今まではいつもお一人さまでのレース出場だったけれど、最近は少しずつ一緒に走ってくれる仲間が増えて超絶嬉しい。マラソンはサブ3(フルマラソン3時間切り)達成するまでは続けるゾ。

なんといっても10月に開催されるOSJ氷ノ山山系トレイルレースが2017年の大本命。果たして完走できるのか。はじめての70km越えロングトレイルにすでにビビッているけれど、氷ノ山で弾みをつけ、2018年は100km越えのウルトラマラソン&ウルトラトレイルに挑戦するんじゃ。

少しずつではあるけれど、走る距離もスピードも上がってきました。

2月に開催されたそうじゃ吉備路マラソンでは自己ベスト更新のサブ3.5(フルマラソン3時間30分切り)。7月に出場した山岳後山マラソンではギリギリ滑り込みの8位入賞でした。レースに出てはじめて表彰してもらえた!

 

大学生時代、たるみきったお腹をなんとかするべく友人と勢いで参加したハーフマラソンがきっかけだったけれど、気づけば7年経っても懲りもせず走り続けることができていた。

歳は重ねてとうに20代を折り返し、28歳になった俺。けれど、年を重ねて自分の力は確実に伸びている。それが楽しい嬉しい、しんどいけれど気持ちいい。だからやめられないのかしら。